ホーム > 監修院について

監修院について

監修院について
クオリティ・オブ・ライフ向上のための歯科医療。
インフォームドコンセントの徹底で、丁寧なカウンセリング。

デンタルライフクリニックのコンセプト

現在の医学の欠点は、細分化され過ぎていることです。
身体の働きはそれぞれが複雑に組み合わさって全体が機能しています。
ある部分のトラブルが思わぬところに症状を起こす場合もしばしばあります。
そのため、生命全体をトータルで診ることが重要になります。

歯科治療の研究と技術研鑽に励んできて15年ほど経った頃でしょうか。
私は西洋医学に限界を感じ始めました。西洋医学をベースに東洋医学を取り入れたら、その限界を広げることができるかもしれない。
そう気づいて、東洋医学の勉強を始めて10年が経ちました。
現在では、東洋医学を西洋医学にプラスすることで、バランスのよい医療をお届けできるようになってきていると自負しています。

歯は消化器の入口であり、その噛み合わせは全身の関節に大きな影響を及ぼします。
また、近年ではむし歯菌や歯周病菌が糖尿病や心臓病といった病気を引き起こす原因の1つであることもわかってきており、その観点からも口の中の健康は重要視されてきています。

高齢者歯科で専門的な研鑽を重ねてきて特に実感したのは、「しっかり噛めること」が健康だけでなく、脳の活性化にも大きく関わっている、ということでした。

そこで、デンタルライフクリニックでは、全身の健康に配慮した、体に優しい歯科診療を基本に、患者の生命全体を視野に入れて診察を行っています。

親知らずは、炎症などを引き起こさなくても、全身に大きく影響を及ぼすこともあります。
トータルに診察するためには、親知らず治療はとても重要なのです。

親知らずについて

親知らずについて

口腔外科での研鑽や、研究機関でのキャリアを通じて、数多くの親知らず抜歯を行ってきました。

親知らずの生え方や形状は本当にさまざまです。
同じ患者様でも、上下左右で違う場合も多いですし、太い血管や神経が近いこともあり、親知らずの抜歯は専門家でなければ難しいもの。
そこで研究機関には、親知らずの抜歯で受診される患者様が特に多いのです。

親知らずは、多くの人にとって必要のないものであるばかりか、トラブルを引き起こす原因にもなっています。
ですから早いうちに抜歯してしまうことで、健康上のトラブルを未然に防ぐことができるのです。

ところが、一番奥に生える歯であること、大学病院をすすめられることもあって、親知らず抜歯に「怖い」イメージを持っている患者様が多いのです。

当院では、患者様の人生設計をも見据えた長期的な観点で、25年以上の臨床経験がある院長がしっかりとした診察を行い、詳しく具体的にご説明した上で、親知らずの抜歯や治療を行っています。
実際に抜歯をされたら、そのあっけなさに驚かれると思います。

ご不安やお悩みなどございましたら、お気軽にご相談ください。

院長紹介

プロフィール

院長 磯部知巳

院長: 磯部 知巳
1981年 東京都立日比谷高等学校卒業
1987年 東京歯科大学歯学部卒業
第80回歯科医師国家試験合格 歯科医籍登録
東京医科歯科大学歯学部口腔外科学専攻科入学
1990年 東京医科歯科大学歯学部口腔外科学専攻科修了
1992年 東京医科歯科大学大学院歯学研究科高齢者歯科学博士課程入学
1996年 東京医科歯科大学大学院歯学研究科高齢者歯科学博士課程修了
博士号取得(歯学博士)
東京医科歯科大学歯学部附属病院医員
2001年 介護支援専門員(ケアマネージャー)
2003年 労働衛生コンサルタント(保健衛生)
2005年 デンタルライフクリニック開設
2008年 日本老年歯科医学会 専門医 認定医
2013年 日本バイデジタルO-リングテスト医学会 認定医
所属学会
  • 日本バイデジタルO-リングテスト医学会
  • バイオレゾナンス医学会
  • 日本臨床歯周病医学会
  • 日本老年歯科医学会

患者様のご信頼が育ててくれた 歯科医師・口腔外科医としての研鑽

患者さまのご信頼が育ててくれた 専門医としての研鑽

父が歯医者だったので、自然に歯科医の道に進みました。

でも、大学時代には職業選択を誤ったかと思ったこともありました。
枝葉末節にこだわる実習が多く、学びたいことが別にいくらでもあるのに、さほど重要とは思えないことを延々としなくてはならないカリキュラムだったんですね。
厳しいインストラクターに「向いてないんじゃないか」と言われて、自分でもそう思ったこともありました。

ところが、実際に患者様に治療を行うようになったら、180度変わりました。
歯科医師として治療をするのが楽しくてたまらなくなっていたのです。

一生懸命治療して患者様の症状がどんどんよくなっていく。
患者様から「治してくれてありがとう」と言っていただく。
こうした経験が積み重なり、最大の励みとなりました。
そして、ますます歯科医師の道を究めたいという気持ちを強くしました。

歯学部卒業後に口腔外科で研修し、「もっと多角的で高度な専門的知識や技術を磨きたい」と大学院に進みました。
大学院を修了してからも研究機関で長く研鑽を積み、技術を向上させ、知識を増やすことで、より多くの患者様に喜んでいただき、ご信頼をいただくことにつながりました。
今日に至るまで、患者様にモチベーションを与えていただき、育てていただいたと感じています。

大学院で高齢者歯科を学んだことで、人生における歯の重要性や、どの年代でどういったケアを行えばいいかという点についても、深く知ることができました。
この経験を踏まえて、患者の将来をも考えたケアやアドバイスに役立てています。

当院では、トータルで質の高い歯科治療を行うことで、患者の人生をより充実したものとしていただきたい
――常にそれを念頭に置いて治療を行っています。

アクセス

  アクセス  
〒235-0005
神奈川県横浜市磯子区東町10-4
ベイハウス1F

   最寄駅   
JR根岸線 根岸駅徒歩2分

   駐車場   
2台完備しています。
お車でご来院の際はお電話下さい。

診療時間

  日・祝
10:00-14:00 × ×
15:30-20:00 18時
まで
× ×
デンタルライフクリニック 神奈川県横浜市磯子区東町10-4 ベイハウス1F 電話番号:045-750-0182