よくあるご質問

親知らずを抜いた後、歯が凍みます。

親知らずが痛いから抜いたのに、今度は凍みるようになってきた、何かおかしいですね。
これは、親知らずの前の歯、「第2大臼歯」がしみていることが多いのです。

歯を抜いたお陰で木の歯の後ろ側はぽっかりと隙間が空いてしまったのです。その隙間に冷たいものなどが入ってくると凍みてしまうのです。数か月すると親知らずを抜いた部分の歯肉は盛り上がり、経時的に徐々に凍みなくなってきます。
症状がつづけば、この歯が虫歯である可能性が高いといえます。

記事URL

親知らずを抜いた後は、何日位食事ができませんか

個人差がありますが、親知らずが生えて場合、抜いた後はほとんど支障がありません。
歯茎の下にもぐっている親知らずの場合は一時的にかなり炎症が強く起きますので、2~3日位は食事がしにくいでしょう。麺類、パン類などの食品を摂られると良いと思います。

記事URL

親知らずを抜い後は、いつまで通わなければいけませんか。

親知らずを抜いた後は、しばらく穴が開いています。その穴に食べ物のカスが溜まるので、時々洗浄しなければなりません。個人差はありますが、穴がふさがるまで1箇月位はかかります。穴がふさがり、食物が入り込まなくなるまで、通った方がいいと思います。
また、親知らずの手前の歯が虫歯になっている事が多いです。しっかり診てもらい、虫歯が在るようでしたら、その治療を受けた方がいいでしょう。

記事URL

下あごの親知らずを抜いたところが膨らんできました。どうしてでしょうか。

親知らずの生えている向きによっては、抜いた後、歯茎が治ってくると、そこの骨が出っ張った様に感じることがあります。特に内側(舌側)に生えていると、起きやすい傾向があります。

自然に治ることが多いですが、気なるようであれば、骨のふくらみを削る処置を受けた方が良いでしょう。
通常、病的な状態ではないので心配いりません。

記事URL

60代男性です。下あごの入れ歯の下から親知らずが生えてきました。大丈夫ですか。

もともと親知らずがあり、歯茎の下に潜っていたことが推察されます。
義歯を使っているうちに歯茎が下がり親知らずが見えてきたのでしょう。生えてきたのではありません。
痛みがなければ、そのまま様子をみて、かかりつけの歯科医師おやsに診てもらってください。

記事URL

デンタルライフクリニック 神奈川県横浜市磯子区東町10-4 ベイハウス1F 電話番号:045-750-0182