よくあるご質問

海外出張に行きます。どの位前に親知らずの抜歯を終えた方が良いですか。

現実的な話をすれば、何処に行かれるかということが重要です。
親知らずの抜歯後に異常をきたした時の対応ができるか否かで決まるでしょう。先進国では、治療費は日本より桁違いに必要ですが、技術的には全く問題はありません。新興国では技術的なことおよび衛生面で遅れています。
もし、新興国への出張であれば、1箇月前には抜歯を終えておくとよいと思います。

記事URL

約3年前に抜いた下の親知らずの場所がしくしくと痛みます。

親知らずを抜いた後の骨が十分に再生せず、血流が不十分になり局所免疫が低下し、感染が起きると「腐骨」となり、慢性炎症が起きるようになります。炎症が徐々に進行すると「痛み」として現れます。
治療としては、腐骨を十分に除去すると症状は軽減します。

記事URL

レントゲンで調べると、私は親知らずがありません。大丈夫でしょうか?

親知らずは、必ず存在するものではありません。現代人では、もともと無い人も多くいます。遺伝子のスイッチが「ON」になっていないだけです。
「歯」はヒトが進化すると必要がなくなり、減っていくと言われています。これを人類学的には「進化は退化」と言われています。
永久歯でも前歯や小臼歯が元々ない人が増えています。
現代人の一般的傾向なので心配することはありません。

記事URL

親知らずを抜いたところから変な味がします。大丈夫でしょうか。

親知らずを抜いたところに、食べの物カスが溜まり、変な味がしたものと思われます。
術後1週間以上も経過して、痛みや腫れを伴うものであれば「膿」である可能性が高いので、歯科医院で診てもらう必要があります。

記事URL

上あご親知らずを抜歯した後に上顎洞炎になりました。どうしたらよいですか。

副鼻腔炎(蓄膿症)の既往があったり、鼻炎を発症したりすると、親知らずの抜歯後に上顎洞炎になりやすい傾向があります。
歯肉の閉鎖が不十分で穴があいている場合は、その空洞から、ノズルをいれ生理的食塩水で洗浄し、抗生物質も炎症が収まるまで続けます。
一番必要なのは、患者自身の免疫力(抵抗力)です。睡眠と栄養を十分に取ることが必要です。

記事URL

デンタルライフクリニック 神奈川県横浜市磯子区東町10-4 ベイハウス1F 電話番号:045-750-0182